堂々とセフレを募集するのかそれとも

今や若い女性も人妻も熟女も、セフレを求めるのが普通の時代になりました。
逆援助サイトや出会い掲示板、他にもセフレ専門のSNSなど、いろんな場所で募集をすることができます。

ただ、セフレを希望するような女性は、堂々と募集をするのでしょうか。
つまり、「セフレになってください」、「セックスして癒してほしいです」とストレートに記載をするのでしょうか?

もちろん、そのように堂々とセフレを募集する女性もいるでしょうが、あまりに率直に記載してしまうと、逆に怪しまれてしまう可能性もあります。
「サクラではないのか?」、「何か裏がありそう」だと思われてしまい、男性に自重される恐れがあるのです。

なので、最初は「よろしければメールください」、「一緒にお話しませんか?」などと記載して、セフレという言葉を使わないことも多いです。
むろん、最終的にはセフレ関係になることが目的ですが、まずは仲良くなってお互いに信頼関係を築いていくわけです。

積極的に攻めないと出会うことすらできない

逆援助サイトを利用している人妻も、自分の家庭を最優先に考えないといけないので、誰でもいいというわけではありません。。
なので、こちらから積極的に攻めていかなければ、出会うことすらできませんし、ましてセックスなど夢のまた夢になってしまいます。

ただ、いくら積極的に攻めるとは言っても、何も考えずに手当たり次第アプローチするのは、効率が悪いですし時間がかかって仕方がありません。
まずは良さそうな相手を絞り込んで、その人に合った内容のメッセージを記載した上でアプローチするようにしましょう。

そして、もし人妻から返事をもらうことができれば、すぐにでも返信メッセージを送りましょう。
他の男性からもアプローチされている可能性もありますし、そうでなくても人妻は出会い系サイトにアクセスできる時間が限られているので、素早い返信が求められるのです。

その後は、しっかりとコミュニケーションを取るようにして、人妻からの信頼を勝ち取りましょう。
「この人なら安心して会うことができる」と思ってもらえば、成功は目前となります。

くれぐれも、焦って誘わないようにして、出会いのタイミングを見計らうようにしましょう。
ここで失敗してしまうと、今までのやり取りが無駄になってしまい、最初からやり直さないといけなくなります。

もっとも、あまり慎重になりすぎてもチャンスを逃しかねないので、絶好のタイミングが来ればアグレッシブに誘いましょう。

セフレ探しは人妻の方がむしろ多い?

逆援助サイトという場所で、純粋な出会いを探している女性は、言うまでもなくほとんどが独身でしょう。
しかしセフレを望むような女性に関しては、むしろ人妻の方が多いかもしれません。

独身女性の場合、もし性欲に飢えてしまったとしても、自由な身であることから男性とのセックスにも制約はありません。
それこそ、合コンでもサークルでも選択肢はいくらでもありますし、あまり性の部分で困ることはないのです。

ところが人妻になると、そういった自由が大幅に制限されてしまいます。
安易に他の男性と関係を持って、それがバレてしまえば大変なことになりますから。

そこで、こっそりとセフレを探せる逆援助サイトを利用して、夫とのセックスでは満たされない欲求を少しでも補いたいと考えるのです。
人妻であるからこそ、不満の方も溜まりやすくなってしまうので、何とかそれを解消させたいと思うわけです。

もっとも、そう考えるのは至極当たり前のことですし、男性も結婚をしてから風俗やキャバクラに行くこともあるでしょうし、それと何ら変わりはありません。